直樹の癒しマッサージ
    初めての方  プロフィール    依頼フォーム  お問い合わせ

生理前症候群(PMS)でお悩みの貴女へ…
 





月経前症候群(PMS)とは?

                           あなたは月経前に心身の不安を感じますか?  実は、8割ぐらいの女性が月経前に、腹痛、腰痛、乳房痛や、頭痛、肩こり、イライラ、むくみなどの症状を感じていることがわかっています。  このように、約1ヵ月の月経周期のうち、排卵期以降の後半、すなわち次の月経の2週間前から月経までに出るさまざまな症状が、生活に 差し支えるほどつらい場合に、これを「月経前症候群(PMS)」と呼んでいます。  これらの症状は、月経の始まりとともに消えていき、次の月経が近づくと、またぶり返すのが特徴です。

 

ここ十数年くらいで、日本でも広く一般的になってきた言葉です。生理前3〜10日間前後に起こる、様々な精神的 身体的な不調を指し、原因は女性ホルモンだと言われていますが、完全にはまだ解明されていません。軽いもの から重度のものまで、症状も様々ですが、おそらく女性であれば、「これってPMS!?」と思える症状を体験したことが ある方は多いのではないでしょうか。



PMSの症状には・・・憂鬱になる、怒りっぽくなる、涙もろくなる、悲観的・ネガティブになる、不安を感じやすくなる、 不満が爆発する、無気力になる、自己嫌悪に陥る、情緒不安定になる、神経過敏になる、イライラしやすい、人に 会いたくなくなる、集中力・能率が低下する、判断を誤りやすくなる、不眠、眠気、むくみ、目眩、頭痛、腹痛などが あり、心身両方に起こります。 生理前に一番近くにいて気兼ねのない恋人や旦那様に、こうした不安定な状態の 自分をぶつけてしまい、ケンカになったり後悔したりしてしまう。



PMS(生理前症候群)
生理の前になると決まって不快な症状が現れ、 日常生活にまで支障をきたすことをPMS/月経前症候群といいます。 多くの場合、生理が始まると症状が軽くなり消失するのが特徴です。 生理が始まる1週間前から症状が現れる人が多いのですが、 2週間前から症状が現れる人、 2、3日前に集中する人など個人差があります。

PMDD(月経前不快気分障害)
PMS月経前症候群の症状のうち、 精神の症状が特に悪化した状態を, PMDD/月経前不快気分障害といいます。 感情のコントロールが難しくなり, 感情の爆発を周囲にぶつけるなど、人間関係や社会活動にも支障をきたすことにもなります。

 

 ホルモン分泌の変化
症状が現れる月経の3~10日前というのは月経周期の中の高温期(黄体期)に当たり、この時期は 女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンの分泌が大きく変化する時期になります。 このホルモン分泌の変動が心身に何らかの影響を与えているのではないかと考えられています。

ストレスによる影響
もう一つの要因はストレスなどの精神的要素です。ストレスが加わると女性ホルモンの分泌が乱れるだけでなく、 自律神経の働きにも影響します。自律神経は内臓や分泌腺など身体のさまざまな働きをコントロールしているので、 自律神経が乱れることで心身にいろんな症状が現れてきます。






Copyright(C) 2005 naoki massage All Rights Reserved